FC2ブログ

カナダの携帯電話会社・プラン・機種比較 (9)Petro-Canada

カナダ携帯電話会社・プラン・機種比較 (8)」の続き。

もうすぐ滅茶苦茶忙しくなる&色々移動する予定なので、そろそろケータイが欲しい。でもどこのケータイがいいか良く知らないし、2年とか3年の契約を結ばないと機種代金が高額になったり、いわゆる「hidden fee」と言われる手数料を色々取られたりして高額になるのもイヤだ。

メールは基本的にPCでしか送受信しないし、電話の発信も少なく主に受信になる予定ということを念頭に、プリペイド携帯やSIMフリー機種の購入、日本で使っていたDocomoの3G/GSM携帯のSIMロック解除も含めて、各社のプランを比較検討してみた。

ビジネスに使うわけではないし、外出先でウェブサイトを見ることもないだろうから、RIMのBlackBerryやiPhoneなどのスマートフォンは、今現在は考慮に入れていない。それにメールはあまり送らないだろうから、フルキーボードは必要ない。でも本体が安くなるか月々の基本料金が安くなってきたら、iPhone買おうかなぁ~。やっぱ日本語のメールが送れるってのは魅力的だし。でも北米で買うとSIMロックがかかってるのがネック。Rogers嫌いだから縛られたくないし。早くカナダでも、ヨーロッパみたいにSIMロックが法律違反になればいいのに。

    Petro-Canada Mobilityのプラン(通信方式:GSM)
    ガソリンスタンド大手のPetro-Canadaで売っている携帯電話。プリペイドのみ。契約の必要やActivation feesはなし。ネットワークはRogersのものを利用しているため、カバー範囲はRogersと同じらしい。利用(発信場所)はカナダ国内限定、アメリカなどでは使えない。他社のSIMロックされていない携帯本体は使用不可(と同社のサイトのFAQには書いてあるが、もしかしたら使える?)。
    Petro-Canada Mobility Prepaid Cell Phone Plan
  • 曜日や時間に関わらずローカル通話1分0.25ドル(受信も有料)、カナダ・アメリカへの長距離通話1分0.45ドル。1分未満の秒数は繰り上げ。SMS受信は1通0.05ドル、送信はカナダ国内1通0.05ドル、アメリカ1通0.10ドル、北米外1通0.25ドル。911サービス料金1ヶ月0.99ドル。Voice mail・caller ID・call waitingの機能は料金に含まれる。
  • airtimeはPetro-Canadaやオンラインで購入できる。15・25・50・100ドルの4種類があり、15ドルは30日、25ドルは120日、50ドルは180日、100ドルは365日間有効。airtimeの期限が切れてから45日以内に追加購入すれば、携帯本体と電話番号は有効。45日の有効期限が切れてしまった後にも、携帯本体を再び使用することはできるが、手数料がかかり、電話番号は異なるものを与えられることになる。
    Petro-Canada Mobilityの機種
    プリペイドというのもあり、携帯本体の作りはちゃちい。すべてウェブアクセス不可。Petro-CanadaのMobile Storeのみ、アクセスすることができる機種もある。Nokia 2610・2630・2760のみ。周波数は、Nokia 3555がQuad-band GSM 850/900/1800/1900で、それ以外はDual-band GSM 850/1800。
  • Nokia 2680:$110
    スライド型。MP3プレイヤー、0.3Mピクセルカメラ・ビデオ・FMラジオ付き。Bluetooth 2.0ステレオサポート。voice command dialing、Calculator・Alarm clock・Games・Organizer。
  • Nokia 2760:$80
    折りたたみ型。0.3Mピクセルカメラ・ビデオ・FMラジオ・外部ディスプレイ(通話受信時番号表示)付き。Bluetooth 2.0サポート。バッテリー・充電器・HS-40ヘッドセットまたはHS-47ステレオヘッドセット同梱。Calendar・Stopwatch・Advanced calculator ・Alarm clock・Games・Voice recorder・Expense Manager。
  • Nokia 3555:$79
    折りたたみ型。MP3プレイヤー、0.3Mピクセルカメラ・連写機能・ビデオ・最大4GBのMicroSDスロット・外部ディスプレイ付き。Bluetooth 2.0ステレオサポート。バッテリー・充電器・HS-40ヘッドセット同梱。Calendar・Stopwatch・Calculator・Alarm clock・Games・Voice recorder。
  • Nokia 2630:$69
    カナダ最薄のストレート型。0.3Mピクセルカメラ・ビデオ・FMラジオ付き。Bluetooth 2.0サポート。バッテリー・充電器・HS-40ヘッドセット同梱。Calendar・Stopwatch・Calculator・Alarm clock・Games・Voice recorder。
  • Nokia 1661:$59
    ストレート型。FMラジオ、フラッシュライト付き。バッテリー・充電器同梱。Calculator・Speaking alarm clock・Games・Calendar・Stopwatch。
    アメリカのT-Mobileで、20USドルでこの機種を買った人のブログを拝見したが、外装はおもちゃみたいだし、ボタンは押しにくいし、決定ボタンがカーソルキーの真ん中ではなく左側ソフトキーであるため操作を間違えやすいそうだ。あり得~~ん!
  • Nokia 1208:$49
    ストレート型。フラッシュライト付き。バッテリー・充電器同梱。Calculator・Alarm clock・Games・Calendar・Stopwatch。
今のところ、どのくらい使うことになるか分からないことと、プリペイドに色んな機能を求めることに矛盾を感じるので、安い機種で十分だろう。Nokia 2630辺りが、写真も撮れてFMラジオも聞けて、欲しけりゃ着メロもダウンロードできて良さそうだ。2630はPCとのデータのやり取りがBluetoothのみ、というのが多少気にかかるが。これに25ドルのairtimeをプラスすれば、ほとんど使わなくても25ドルで4ヶ月と1ヶ月6ドルで持たせるし、通話もメール受信も無理だろうがairtime購入の間に数日挟むこともできる。

ただ2680と1661以外は古い機種なのか、売ってるPetro-Canadaの店舗が限られているらしいので、見つけるのが大変かもしれない。車を持っていない私にとって、ガソリンスタンド回りは割りと辛い。


「カナダの携帯電話会社・プラン・機種比較 (10)」に続く。
スポンサーサイト



↑↑役立った・面白かったとかで、ポチッと拍手して頂けると励みになります(*^-^*)

ジャンル : ブログ > テーマ : 買い物リスト

Tag: 携帯電話 ケータイ 比較 カナダ Petro-Canada

カナダの携帯電話会社・プラン・機種比較 (8)7-Eleven Speak Out

カナダ携帯電話会社・プラン・機種比較 (7)」の続き。

もうすぐ滅茶苦茶忙しくなる&色々移動する予定なので、そろそろケータイが欲しい。でもどこのケータイがいいか良く知らないし、2年とか3年の契約を結ばないと機種代金が高額になったり、いわゆる「hidden fee」と言われる手数料を色々取られたりして高額になるのもイヤだ。

メールは基本的にPCでしか送受信しないし、電話の発信も少なく主に受信になる予定ということを念頭に、プリペイド携帯やSIMフリー機種の購入、日本で使っていたDocomoの3G/GSM携帯のSIMロック解除も含めて、各社のプランを比較検討してみた。

ビジネスに使うわけではないし、外出先でウェブサイトを見ることもないだろうから、RIMのBlackBerryやiPhoneなどのスマートフォンは、今現在は考慮に入れていない。それにメールはあまり送らないだろうから、フルキーボードは必要ない。でも本体が安くなるか月々の基本料金が安くなってきたら、iPhone買おうかなぁ~。やっぱ日本語のメールが送れるってのは魅力的だし。でも北米で買うとSIMロックがかかってるのがネック。Rogers嫌いだから縛られたくないし。早くカナダでも、ヨーロッパみたいにSIMロックが法律違反になればいいのに。

    ■7-Eleven Speak Outのプラン(通信方式:GSM)
    コンビニのセブンイレブンで売っている携帯電話。プリペイドのみ。契約の必要やActivation feesはなし。ネットワークはRogersのものを利用しているため、カバー範囲はRogersと同じらしい。利用(発信場所)はカナダ国内限定、アメリカなどでは使えない。他社のSIMロックされていない携帯本体は使用可だが、サポート対象外。
    現在、友人知人にSpeak Outを紹介すると、紹介した人とされた人の両者に10ドルのボーナスをプレゼントするプロモーションを行っている。また、不定期で、特定の機種と100ドル分のairtimeを同時に購入すると、携帯本体が半額になるプロモーションをやることがある。
    Speak Out」 「The Unofficial FAQ - The Unofficial 7-Eleven Speak Out Wireless Canada Consumer Page」役立つ情報や売買のページがあるサイト。http://www.speakoutwireless.ca/
  • 曜日や時間に関わらずローカル通話1分0.25ドル(受信も有料)、カナダ・アメリカへの長距離通話1分0.45ドル。1分未満の秒数は繰り上げ。SMS受信は1通0.05ドル、送信はカナダ国内1通0.05ドル、アメリカ1通0.10ドル、それ以外1通0.25ドル。911サービス料金1ヶ月0.99ドル。Voice mail・caller ID・call waitingの機能は料金に含まれる。System access feeはなし。
  • airtimeは対象のセブンイレブンの店舗で購入できる。オンラインでは売っていない。25・50・75・100ドルの4種類のバウチャーがあり、25ドルと50ドルは額面通りだが、75ドルは93.75ドル分、100ドルは125ドル分のairtimeと、25%増しの価値があってお得だ。すべてのairtimeはアクティベーションから365日間有効。バウチャーは購入後90日間有効。つまり買ってから90日経つと、そのバウチャーが無効になってしまうようだ。365日の有効期間内に残高が0になってしまったら、45日以内に追加購入しないと無効になる。25ドルのバウチャーでも1年間有効なので、ほとんど使わないなら、月約2ドルでケータイを持てることになる。
    airtimeの有効期限が切れても、24時間以内に追加購入すれば携帯本体と電話番号は無効にならないようだ。もし無効になってしまったら、新しいSIMカードを購入しないと、携帯本体を再び使用することはできない。SIMカード交換料金は25ドル。電話番号は異なるものを与えられるのかは不明。でもSIMが違うんだからたぶん異なる電話番号だろうなぁ。
  • AirtimeのVoucherの有効期間は約2年。Voucherはレシート状のプリントアウトされた紙。Voucherはオンラインでは買えず、セブンイレブンでしか買えない。
  • 引越しによる番号変更は電話でOK。通常の番号変更には$10かかるが、引越しによる場合は$0?
    ■7-Eleven Speak Outの機種
    プリペイドというのもあり、携帯本体の作りはちゃちい。Speak Outの携帯電話には、みな20分(ローカル通話5ドル分)のairtime(通話時間)が含まれる。SIMロックがかかっていないそうなので、機能が豊富でない本体が嫌なら、他社のSIMロックされてない携帯本体も使える。ウェブアクセス不可と思われるが詳細不明。周波数は、Nokia 5130がQuad-band GSM 850/900/1800/1900で、それ以外はDual-band GSM。2760がGSM 900/1800、それ以外はEGSM 900/1800またはGSM850/1900。
  • Nokia 5130 Jamma:$139.99
    ストレート型。MP3プレイヤー・2Mピクセルカメラ・ビデオ・FMラジオ。Bluetooth 2.0サポート。バッテリー・充電器・WH-102ヘッドセット・1GBのMicroSDカード同梱。Calculator・Alarm clock・Games・Calendar・Stopwatch・Voice recorder・Voice commands。
  • Nokia 2720:$99(2009年12月発売開始)
    折りたたみ型。1.3Mピクセルカメラ・ステレオFMラジオ・MP3プレイヤー・GPRSブラウザ・外部ディスプレイ(通話受信時番号表示)付き。Bluetooth 2.0サポート。バッテリー・充電器同梱。Calendar・Calculator・Alarm clock・Voice recorder・Timer・Data capable。
    Cell Phones etc.のNokia 2720 Foldについてのページ
  • Nokia 2760:$90(11/20現在$75)
    折りたたみ型。0.3Mピクセルカメラ・ビデオ・FMラジオ・外部ディスプレイ(通話受信時番号表示)付き。Bluetooth 2.0サポート。バッテリー・充電器・HS-40ヘッドセットまたはHS-47ステレオヘッドセット同梱。Calendar・Stopwatch・Advanced calculator・Alarm clock・Games・Voice recorder・Expense Manager。
  • Nokia 1680:$89
    ストレート型。カメラ・ビデオ付き。バッテリー・充電器同梱。Advanced calculator・Games・Calendar・Expense Manager。
  • Nokia 1661:$59
    ストレート型。FMラジオ、フラッシュライト付き。バッテリー・充電器同梱。Calculator・Speaking alarm clock・Games・Calendar・Stopwatch。
    アメリカのT-Mobileで、20USドルでこの機種を買った人のブログを拝見したが、外装はおもちゃみたいだし、ボタンは押しにくいし、決定ボタンがカーソルキーの真ん中ではなく左側ソフトキーであるため操作を間違えやすいそうだ。あり得~~ん!
  • Nokia 1208:$59
    ストレート型。フラッシュライト付き。バッテリー・充電器同梱。Calculator・Alarm clock・Games・Calendar・Stopwatch。
Nokia 5130は、色々ついてて良さそうだけど高すぎる。この値段出すなら、ポストペイドの機能豊富なケータイが欲しい。1680は、カメラは付いているものの、アラームがないので却下。1661と1208は、機能が貧弱すぎる。2760はいいのだが、Petro-Canada Mobilityだと10ドル安い。本体にairtimeが付いてくる付加価値を考えても、5ドル高いことになる。100ドル分のairtimeを同時に購入すると、携帯本体が半額になるプロモーションを待って、2760買おうかな。次のプロモで2760が対象機種になるのかが問題だが。(^^;


カナダ携帯電話会社・プラン・機種比較 (9)」に続く。

続きを読む »

↑↑役立った・面白かったとかで、ポチッと拍手して頂けると励みになります(*^-^*)

ジャンル : ブログ > テーマ : 買い物リスト

Tag: 携帯電話 ケータイ 比較 カナダ Speak Out

カナダの携帯電話会社・プラン・機種比較 (1)Bell

もうすぐ滅茶苦茶忙しくなる&色々移動する予定なので、そろそろケータイが欲しい。でもどこのケータイがいいか良く知らないし、2年とか3年の契約を結ばないと機種代金が高額になったり、いわゆる「hidden fee」と言われる手数料を色々取られたりして高額になるのもイヤだ。

メールは基本的にPCでしか送受信しないし、電話の発信も少なく主に受信になる予定ということを念頭に、プリペイド携帯やSIMフリー機種の購入、日本で使っていたDocomoの3G/GSM携帯のSIMロック解除も含めて、各社のプランを比較検討してみた。

ビジネスに使うわけではないし、外出先でウェブサイトを見ることもないだろうから、RIMのBlackBerryやiPhoneなどのスマートフォンは、今現在は考慮に入れていない。それにメールはあまり送らないだろうから、フルキーボードは必要ない。でも本体が安くなるか月々の基本料金が安くなってきたら、iPhone買おうかなぁ~。やっぱ日本語のメールが送れるってのは魅力的だし。でも北米で買うとSIMロックがかかってるのがネック。Rogers嫌いだから縛られたくないし。早くカナダでも、ヨーロッパみたいにSIMロックが法律違反になればいいのに。
    Bell Mobilityのプラン(通信方式:3G/CDMA)
  • Uber 25
    月25ドル。ローカル通話100分+ボーナス50分、「Fab Five」なら無制限にローカル通話・SMS、平日21~7:00と週末はローカル通話無制限。
  • Uber 30
    月30ドル。ローカル通話150分+ボーナス50分、「Fab Five」なら無制限にローカル通話・SMS、平日21~7:00と週末はローカル通話無制限。
  • Uber 35
    月35ドル。ローカル通話200分+ボーナス50分、「Fab Five」なら無制限にローカル通話・SMS、平日21~7:00と週末はローカル通話無制限。
  • Uber 45
    月45ドル。ローカル通話450分、「Fab Five」ならカナダ国内無制限、平日21~7:00と週末はローカル通話無制限。
  • Uber 55
    月55ドル。ローカル通話550分+ボーナス50分、「Fab Five」ならカナダ国内無制限、平日21~7:00と週末はローカル通話無制限。

  • 以上全プラン、市外通話カナダ国内・米国1分0.35ドル、system access fee月6.95ドル、e9-1-1 emergency service fee月0.75ドル(オンタリオ)、紙による請求書(オプション)2ドル、 activation fee(最初の月のみ)35ドル。

  • プリペイド「Pay by the minute」
    日額基本料なし、ローカル通話1分0.30ドル、SMS送受信ローカル1通0.15ドル、開始クレジット15ドル。
  • プリペイド「Pay by the day」の「Unlimited Text Messaging」プラン
    日額基本料0.50ドル、ローカル通話1分0.30ドル、SMS送受信ローカル無制限、開始クレジット15ドル。
  • プリペイド「Pay by the day」の「Unlimited Calling Window」プラン
    日額基本料1ドル、ローカル通話1分0.30ドル、ローカル通話無制限時間枠を15~19:00・17~21:00・19~23:00の中から選択、SMS送受信ローカル1通0.15ドルまたは1日0.50ドルでローカル無制限、開始クレジット15ドル。
  • プリペイド「Pay by the day」の「Unlimited Nights & Weekends」プラン
    日額基本料1ドル、平日18~7:00と週末ローカル通話無制限、それ以外ローカル通話1分0.30ドル、SMS送受信ローカル1通0.15ドルまたは1日0.50ドルでローカル無制限、開始クレジット15ドル。
  • プリペイド「Pay by the month」の「Unlimited Text Messaging」プラン
    日額基本料15ドル、ローカル通話1分0.30ドル、SMS送受信ローカル無制限、開始クレジット15ドル。
  • プリペイド「Pay by the month」の「Unlimited Calling Window」プラン
    日額基本料15ドル、ローカル通話1分0.30ドル、ローカル通話無制限時間枠を15~19:00・17~21:00・19~23:00の中から選択、SMS送受信ローカル1通0.15ドル、開始クレジット15ドル。
  • プリペイド「Pay by the month」の「Unlimited Nights & Weekends」プラン
    日額基本料15ドル、平日18~7:00と週末ローカル通話無制限、それ以外ローカル通話1分0.30ドル、SMS送受信ローカル1通0.15ドル、開始クレジット15ドル。

  • 以上プリペイドには、Call Waiting、Call Forwarding、Conference Calling 4、Call Display、Message Centre Expressの各サービスが付いてくる。
    プリペイド全プランとも、市外通話カナダ国内・米国1分0.40ドル、e9-1-1 emergency service feeが月0.75ドル別にかかる。
    プリペイドは今ならキャンペーンで、LG Rumour・Samsung Cleo・Samsung u740の購入と新規契約で50ドルボーナス付き。
    もし月額プランを申し込む場合、Automatic Top-UpかExpress Top-UpかAllowance Programの契約と、残高を保つことが必要。
    プリペイドカードには有効期限があり、15ドルが30日、25ドルと50ドルが60日。Bellストアやケータイショップ、Staples・Future Shopなどの店舗で手に入る。
    カードを使い果たして残高ゼロになってから120日経つと契約が切れ、再度使用するには手数料を払わねばならないが、異なる電話番号を与えられる。
    Bell Mobilityの機種
  • 新規で機種購入+契約なし
・・・・・数が多すぎるので、後から調べて追記しますです。m(_ _)m

・・・たぶん、「カナダ携帯電話会社・プラン・機種比較 (2)」に続く。
↑↑役立った・面白かったとかで、ポチッと拍手して頂けると励みになります(*^-^*)

ジャンル : ブログ > テーマ : 買い物リスト

Tag: 携帯電話 ケータイ 比較 カナダ Bell

World's Best Standard Lager賞を獲得したGreat Western Light

イギリスの雑誌、「Beers of the World」主催のビールコンテストで、「Great Western Light」が「World's Best Standard Lager」賞を獲得した。

このビールコンテスト「World Beer Awards」は、今年で開催3回目。世界中のビール会社からサンプルを募って、5ヶ月かけて世界一のビールを決めるものだ。

Great Western Lightは、サスカチュワンのGreat Western Brewing社の商品で、アルコール度数は4%。同社のオペレーション・マネジャーによると、「5%の味がする4%」だということだ。

Light以外にGreat Western PremiumやGreat Western Pilsner、Brewhouse Lightなどがある。Great Western LightとGreat Western PremiumやGreat Western Pilsnerは、モンドセレクションの金賞を受賞したこともある。

残念ながら、ビールは新鮮さが重要だし小規模の会社が大きな市場で生き残るのは非常に困難であることから、どうもトロントのバーやパブには出荷されていないようだ。この会社の本社はSaskatoon。たぶんSaskatoonやReginaなど、サスカチュワン州内なら飲めるパブがあることだろう。他にもBC、アルバータ、マニトバの各州に出荷されているようだ。実はサスカチュワンを訪れたことはまだないのだが、次回の訪問時には是非このビールを試してみたい。
↑↑役立った・面白かったとかで、ポチッと拍手して頂けると励みになります(*^-^*)

ジャンル : ブログ > テーマ : 買い物リスト

Tag: Great Western Light ビール