FC2ブログ

祝、アイスホッケー男子金メダル!!!

バンクーバーオリンピックもいよいよ最終日。
閉会式を前にして、カナダの国技とも言われるアイスホッケーの決勝戦、対アメリカ戦が行われた。
このチケットはものすごいプレミアがついて、ファンサイトでは最高5万ドルで売りに出されていたらしい。

21日の対アメリカ戦はウィスラーのパブで観戦したが、3-5で負けてしまったので、今日の決勝戦でリベンジできるか気になっていた。

第3ピリオドでアメリカに追いつかれ2-2になったが、18日のスイス戦でシュートアウトを決めてくれた、アシスタントキャプテンを務める期待の星、シドニー・クロスビーがやってくれました!!
サドンデスのオーバータイムで綺麗なパスを受けてスコアし、見事金メダルを獲得!!
スティックとグラブを放り投げ、ジャンプしながら歓喜!歓喜!
リンク際のクロスビーに、チームメイトが抱きつき団子状態! それを客席のリングサイドの人たちは、デジカメやスマートフォンで写真撮りまくり!!

毎度金メダル獲得後にシャンペンや葉巻で悪ふざけ祝勝会をする女子は敵なし状態だが、ホッケー男子のカナダの金メダルは、ソルトレーク以来2大会ぶり。
25日には女子もアメリカを制して優勝しており、「ホスト国であるカナダの地で男女とも金メダル」という、最高の結果となった。

また、合計メダル数では26個とアメリカの37個には及ばないが、カナダは金メダル数では14個と群を抜いている。2位のドイツの10個と比べてもそのすごさが分かる。
これは冬季・夏季合わせて、オリンピックのホスト国としては史上最高の数だそうだ。
何よりもすごいのは、カナダは、色んな競技でまんべんなくメダルを取っていることじゃないだろうか。資金を集中させて一部の競技だけメダルを狙える選手を育成するんじゃなく、色んな競技で選手層のピラミッドの底辺が広いってことだ。国民の多くの人が、気軽に安価でスポーツに親しめる環境というのは素晴らしいと思う。


バンクーバーのロブソン・スクウェアやウィスラーのビレッジ・スクウェアには毎度毎度ものすごい人が集まっているが、トロントのヤングストリートでもすごい数の人が集まって、ホッケーの金メダルを祝っていたのがテレビ中継された。
92年・93年のトロント・ブルージェイズがワールドシリーズを制覇した時のヤングストリートみたいだ。
あ~、こんなに人が集まってるのを知っていたら、私も行ったのに~~~~~。ぢゃんねん。(>_<)

トロントはもう日が暮れて真っ暗だが、バンクーバーはまだ日暮れ前。現在12度と暖かいし、今日は天気も良かったみたいだから路上での観戦日和だったみたいだね。^^
追記:

19時49分現在、トロントのダンダス・スクウェアには、メープルリーフや「CANADA」と描かれたシャツなどを身に着けた多くの人が、未だカナダ国旗を振ったりホッケーの金メダルの余韻を味わったりしている。
気温1度と暖かいので、ジャケット着ずにホッケージャージを上に着るだけでも何とかなるようだ。^^
あぁ~行きたかったな。

今から行っても仕方ないし、あと30分で始まるクロージング・セレモニーをテレビで観るか。
↑↑役立った・面白かったとかで、ポチッと拍手して頂けると励みになります(*^-^*)

ジャンル : スポーツ > テーマ : バンクーバー冬季オリンピック

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)